YEAR

2020年

  • 2020年2月17日
  • 2020年2月17日

Immunology study notes-5

二次リンパ組織から始まる適応免疫 リンパ球の大部分はリンパ組織(lymphoid tissue)やリンパ器官(lymphoid organ)に存在する。 <リンパ組織> 骨髄、胸腺、脾臓、アデノイド、扁桃、虫垂、リンパ節、パイエル板、気道・消化管・尿生殖路の粘膜の内膜 †リンパ組織の機能による分類 […]

  • 2020年2月17日
  • 2020年2月17日

Immunology study notes-4

リンパ球受容体について 小リンパ球は細胞表面の受容体やその機能の違いにより、いくつかの種類に分けられる。その中でもとりわけ重要なものが、B細胞(B cell)およびT細胞(T cell)である。 B細胞では膜型の免疫グロブリン(immunoglobulin)と呼ばれる分子が、病原体に対する受容体とし […]

  • 2020年2月16日
  • 2020年2月17日

Immunology study notes-3

造血幹細胞から生じる免疫系細胞 免疫系に属する白血球(leukocyte/white blood cell)は、巨核球(megakaryocyte)と赤血球(erythrocyte)と同じく、多能性造血幹細胞という共通の前駆細胞から、造血(hematopoiesis)と呼ばれる増殖および分化の過程で […]

  • 2020年2月16日
  • 2020年2月16日

Immunology study notes-2

自然免疫による炎症反応 自然免疫系:感染が生じてすぐに動員される、遺伝子によって規定された一連の免疫応答 自然免疫応答(innate immune response)は2つの段階がある。 1)自然免疫系の細胞群が細胞膜状の受容体を介して病原体の存在を認識する 2)病原体を殺して除去するエフェクター機 […]

  • 2020年2月15日
  • 2020年2月16日

Immunology study notes-1

本日より、免疫学を下記参考書を用いて勉強します。『エッセンシャル免疫学 第3版』(メディカル・サイエンス・インターナショナル) 重要な概念を記憶に定着させるために、文字を打ちこんでアウトプットしていくことにしました。では早速。 免疫学概要 免疫学:宿主が外来微生物の侵入をどのように防いでいるかを解明 […]