CATEGORY

学習記録

  • 2020年6月9日
  • 2020年6月10日

とにかく練習あるのみ!

6月に入ってからは、翻訳筋の強化月間として、成田さんによるイートモを活用した翻訳練習をひたすら行っています。 翻訳レベルを実務に耐えうるまで上げるには、量をこなさなければいけないと思いますので、自身をマシーン化してガンガン翻訳。プロ化した際の生活を想定して、1日8時間を集中投下しています。 練習内容 […]

  • 2020年5月31日
  • 2020年5月31日

翻訳トライアルに立ち向かう

翻訳トライアルに初挑戦しました。 トライアルとはどういうものなのか様子を見るという態度ではなく、当たり前ですが仕事を取りにいくための手段としてベストモードでぶつかりました。 バイオ・メディカルの特許翻訳分野(和訳)で2社に応募したところ、1社で書類通過し、翻訳課題を受信。 結果は不合格でした(涙)。 […]

  • 2020年4月2日
  • 2020年4月2日

半年間の学習内容を振り返る

4月になり新しい年度が始まりましたね。一日でも早く社会が安定することを願っています。 さて、2019年の10月1日から翻訳者になるための学習を開始してちょうど半年が経ちました。かつてないほど時が過ぎるのを早く感じています。 一度ここで半年間の学習内容を振り返り、これからの指針を得る契機にしたいと思い […]

  • 2020年3月23日
  • 2020年3月23日

学習は誰のために?

3月に入ってからは、文法を中心とした翻訳テクニックの習得を目的に学習を進めてきました。 というのも、2月の初旬に特許明細書の翻訳を自力で試みた時点では、自分の翻訳レベルが、能動態と受動態のどちらで訳出すべきか判断できないくらいの状態であったからです。 したがって、まずは一定の型を身につけるべく、下記 […]

  • 2020年3月12日
  • 2020年3月12日

特許明細書を味わって読む

3月前半は作業に没頭していたり、家族の引っ越しの手伝いがあったりして慌ただしく、ブログの更新が滞ってしまいました。 ここで2週間分の学習内容をまとめて記録しておこうと思います。 行ったことは大きく分けて「免疫関連の特許明細書を読む」「翻訳のための文法を学ぶ」「周辺環境整備」の3つです。 特許明細書を […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年2月7日

化学物理の基礎習得を終えフェーズ2へ

『岡野の化学』『橋元の物理』シリーズを終えました。 初めの内は消化速度が遅く、いつ終えることができるだろうかと年間プランと睨み合いをしていたのですが、全体の3分の2を過ぎたあたりで学習が加速したこともあり、一気に最後まで進めることができました。 理解をさらに深めたい部分もありますが、きりが無いのでス […]

  • 2020年1月7日
  • 2020年1月7日

学習螺旋階段を一周する

年末で理論化学の学習を終え、年始から有機化学の学習をしています。実のところ、有機化学は『岡野の化学シリーズ』を始める際に最初に取り掛かっていました。 しかしフィッシャーのエステル化反応に直面し、“反応機構を深く理解したい”という思いから、「平衡」「酸と塩基」「原子軌道」といった基礎概念を把握するため […]