DNAメチル化(DNA methylation)

DNAメチル化とは、DNAのCpGサイトにおけるシトシンの化学修飾(メチル基付加)である。

DNA methylation is a chemical modification (a methyl group) on cytosines at the CpG sites of DNA.

CpGサイトという用語は、核酸の同一鎖上に連続して出現するシトシンとグアニンに対して適用される。

The CpG site is the term applied to cytosine and guanine appearing consecutively on the same strand of nucleic acid.

「p」とは、2つのヌクレオチドをつなぎ合わせるホスホジエステル結合の略語である。

The “p” stands for the phosphodiester bond joining the two nucleotides.

DNAメチル化はDNAにコードされた情報を変化させないが、遺伝子発現の調節には関与する。

DNA methylation does not alter the information coded by the DNA but it participates to the modulation of gene expression.

遺伝子発現を制御する領域(プロモーター領域)がメチル化された場合、遺伝子は発現されない。

When a region that regulates gene expression (a promoter region) is methylated, the gene cannot be expressed.

癌などのヒト疾患においては、DNAメチル化の異常パターンが認められている。

Aberrant patterns of DNA methylation are observed in human diseases such as cancer.

異常パターンにより腫瘍抑制遺伝子の遺伝情報が変わることは全くないが、腫瘍抑制遺伝子は不活化され得る。

Those can cause inactivation of tumor-suppressor genes without any changes of genetic information of tumor-suppressor genes.