ポテンシャルエネルギーを蓄える(学習2ヶ月分の振り返り)

先週は、化学の「電気分解」「熱化学」について学習しました。

熱化学では、“ヘスの法則”から、エネルギーは保存されるという概念を知り、物理で学んだ力学的エネルギー保存則の知識とリンクして、立体的な視点を持つことができました。

私の場合、“〜の法則”という言葉を聞くと、何となく教科書的な、学生時代に暗記させられた公式のようなイメージが想起され、あまり現実味のないものだと脳が認識してしまうようです。

そこで、“〜の法則” に出くわした際は、英文で内容を確認していくようにしています。

“The Law of Conservation of Energy”

というように、“Law”が生々しく脳内に響き新鮮で、

エネルギーが保存されるという現象は、この自然界で揺るぎない事実なんだぞ

とビビットに訴えかけてくるようではありませんか。

2019年も終わりに近づき、化学・物理の勉強を始めて約2ヶ月が経った折、学習のポテンシャルエネルギーはどれくらい蓄積されただろうか、一度状況を振り返ってみようと思います。

データで見る学習進捗

化学

講座ビデオ視聴ベース

『岡野の化学』講義項目ベース

物理

講座ビデオ視聴ベース

『橋本の物理』講義項目ベース

平均学習時間
1日:12~13時間(週一休み)

振り返りと展望

化学は基礎の基礎範囲である内容の学習が終わり、残る単元の内容は基礎知識を応用したもの、もしくは各論であるので、ある程度一段楽はしたかな、という感覚。

将棋で例えるなら、駒の表面の動き方は理解した。裏面についてはこれから、というところでしょうか。

戦法を覚える(特許内容に踏み込む)ステージに辿り着くには、まだ時間がかかりそうです。

当初は3ヶ月で化学・物理シリーズを終了させようと考えていましたが、甘い見積もりでした。

良くも悪くも完璧主義的な傾向が自分にはあり、納得がいくまで次に進むことをしないので、可処分時間が多い割にスロースピードな印象。

具体的には下記のように学習を進めています。

  1. 講座ビデオを視聴
  2. 学習範囲に関わる知識をWikipediaで調べ、ワードにまとめる
  3. 図やマインドマップを加工しながらノートを作成
  4. データベースに知識を蓄積し、ノートとリンクさせる
  5. 大学の学習範囲に触れる内容を提供する良サイトで、関連項目を熟読
  6. 英語による学習サイトや動画で理解を深める
  7. ブログを書く
  8. 次の学習単元へ進む

ただ、化学・物理シリーズも半分が終わり、基礎の基礎を抑えた段階までは来ていること。さらに、学習フローが確立してきたことを踏まえれば、これからペースは上がってくるのかなと考えています。

よって、今から1ヶ月半を過ぎた2020年1月中には、化学・物理シリーズを終え、基礎を固めておきたいところです。

しかし、焦りは禁物。

腰を据えて学習できる状況は今しかないので、スピードも大事ですが、エネルギーが高まるような行動をより重視し、未来の仕事でそのエネルギーを変換したいと思います。なにせ、

自然界の物理法則ではエネルギーが保存される

わけですから、エネルギーを蓄えた分、正しいベクトルで変換させれば、多少の抵抗があろうとも躍進力につながるはずです。

この事実は学習をする上で、かなりの精神的支えとなってくれています。